もの申す

~出会いたいという気持ちがあれば~

ゲイであることに悩んでいるゲイの人へ。
自分が男性との出会いを求めていることを知られたくない
こんな考えを持っていたりはしませんか?
持っていたとすれば、何故他人に知られたくないのですか?

男は女に、女は男に恋愛感情を抱くことこそが当たり前
自分たちのような存在は異端であり、人間として欠陥である。

きっとこんな事を考えているのでしょう?

あなた達は実に視野がせまい。
もっと世界を見渡してご覧なさい。
ゲイの人間、同性との出会いなんてちっとも珍しい存在ではありませんよ?
ゲイ同士の結婚まで認めている国があるほどです。

でも日本においては、まだゲイの存在が認知されていないんです。
つまり日本は遅れているんです。
いや、むしろ日本のゲイたちが時代を先取りしているのかもしれません。

「人を好きになるのに理由はない」
某真木久仁子氏の言葉ですね。
彼女はレズビアンではありませんし、この発言だって不倫騒動の時のものですから、
それについては正直ほめられたものではありませんが、
なかなか素敵な言葉じゃないですか。
だったら、出会いたいという気持ちがあれば、
相手が異性だろうが同性だろうが関係ありませんよね?

不当請求や迷惑メールを懸念してゲイ 出会いサイトに登録できなかった方に朗報!MEN’S CLUBは24時間あなたをサポートしてくれるスタッフがいるので、安心して利用できますよ。




What's New

0213/03/11
耳より記事3を更新。
2012/12/03
耳より記事2を更新。
2012/10/11
耳より記事を更新。
2012/05/17
今の状況を変えるためにを更新。
2012/05/17
セックスの意味を更新。
2012/05/17
バイについてを更新。
2012/05/17
ハッテン場に行かなくてもを更新。
2012/05/17
ゲイ出会いフォーラムを更新。
2012/05/17
ホームページリニューアル

Recommend Entry

すぐにでも

ゲイの出会いが最近では簡単に出来るようになりました、インターネットのサイトのお陰ですがゲイ自身が本気で出会いを求め出したのも大きな要因です、ゲイの未来が明るくなりましたよ。

これから

ゲイがこれから出会いを探そうとするのなら、やっぱりインターネットを利用するべきでしょうね。いろんなタイプの人が登録して、同じように相手を探していますよ。

専用の場所

ゲイの出会いのためには、何よりもそれ専用の場所があるというのが、大事なことです。ちゃんと住み分けが出来るようになってるんですから、今の技術によるネットの広がりには感謝してもしきれないかもしれませんね。